• プライベートブランド

1台2役!冷蔵モード搭載の小さくてもしっかり収納できるコンパクト冷凍庫を、ジェネリック家電製品大賞受賞ブランド「MAXZEN」より発売

ジェネリック家電製品大賞受賞ブランド「MAXZEN」を展開するマクスゼン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:稲積憲)は、「31L 1ドア冷凍庫」を2022年4月15日より発売いたします。

製品画像

「31L 1ドア冷凍庫(JR031ML01WH/GM)」は、まとめ買い、作り置き冷凍保存など、たくさん冷凍したいけれど大きな冷蔵庫/冷凍庫を置くスペースが無い方や、飲料やアイスの消費量が増えるこれからの暑い時期に向けてのセカンド冷凍庫におすすめです。冷蔵モードを搭載しているため冷蔵庫としても使用可能で、1台で2役をこなす使い勝手の良さにこだわりました。約50cm四方のコンパクトサイズながら、容量は31Lでしっかり収納できます。また、内部の仕切り棚は⼿前に引くだけで抜き差し可能なため、内容物によって⾼さを調整して使えます。

(商品ページ)
ホワイト:https://maxzen.jp/product/jr031ml01wh/
ガンメタリック:https://maxzen.jp/product/jr031ml01gm/

「ちょっと足りない」に応える冷凍庫

昨今ではコロナ禍や不安定な情勢を背景に、より大きな冷凍室へのニーズが高まっています。お得な業務用サイズの冷凍食品や、おうち時間で増えた作り置きおかずなど、“今の冷凍冷蔵庫にすべて保存するにはちょっと足りないけれど、より大きな製品に買い替えるほどでもない”というユーザーのニーズに応えるため、31Lの冷凍庫を開発しました。飲料やアイスなどの消費量が増えるこれからの暑い季節にもおすすめのセカンド冷凍庫です。

イメージ画像

冷凍/冷蔵の切り替えが可能

ダイヤルを回すだけで、庫内に入れる食材の量、種類などに合わせて冷凍/冷蔵を切り替えることができます。1台で冷凍庫と冷蔵庫の2役をこなすため、使い方の幅が広がります。

ダイヤル画像

省スペースで静音だから様々な場所で大活躍

約50cm四方(幅474×奥行450×高さ496mm)のコンパクトな本体で、ちょっとした空間に置ける使いやすいサイズ感です。小さな見ためでも容量は31Lあり、たっぷり保存できます。また、運転音はわずか28dbで静かなため、不快な音がなく日常生活を邪魔しません。キッチンやリビング、寝室など様々な場所に設置して活用できます。

製品画像

耐熱仕様の天板

天板は耐熱仕様になっており、電子レンジやキッチンの小物などを置くことで、キッチンスペースの有効活用に役立ちます。

仕切り棚

仕切り棚の取り外しができるため、庫内に入れるものに応じて内部の高さを調整できます。手前に引くだけで取り外せる簡単設計です。

インテリアに溶け込むシンプルデザイン

インテリアに馴染むシンプルなデザインです。ホワイトなら清潔感がアップしてお部屋を明るくすっきりした印象に、ガンメタリックならお部屋の印象をぐっと引き締めクールな雰囲気を与えます。

製品画像

メーカー1年保証

メーカー1年保証付きで、お買い上げ後も安心してご利用いただけます。
※通常使用で発生した故障の際、無償交換・無償修理を行います。
※保証対象となるのは機器本体のみです。

MAXZENについて

MAXZENlogo

(http://maxzen.jp/)
「MAXZEN(マクスゼン)」は、コストパフォーマンスの高さで人気のジェネリック家電ブランドです。「最大限のゆたかさを、削ぎ落した価格で」をコンセプトに掲げ、家電販売で培った経験を生かしながら、機能と価格のバランスを徹底追求し、お客様視点での製品開発を心がけています。2013年に液晶テレビの販売からスタート。現在は生活家電、季節家電、調理家電など約90製品を取り扱い、年間売上高は50億円を突破しました。
ジェネリック家電:搭載機能を厳選することにより、高品質ながら低価格での販売を実現した家電製品